交換する時期を知る|耐久性を比較してウッドデッキ材をじっくり選ぼう

耐久性を比較してウッドデッキ材をじっくり選ぼう

レディ

交換する時期を知る

畳

畳は天然素材で作られています。イグサと呼ばれる植物を編むことで作られているので、赤ちゃんやアレルギー体質の人など肌が敏感な人でも安心して使用することができます。普段は、箒や雑巾で軽く掃除をするだけで清潔に保つことができるなど、メンテナンス性にも優れた家財道具です。また防寒性や弾力性に優れ、そのまま寝転がることができるなど、世界でもまれにみる使い勝手の良い敷物でもあります。しかし、長年にわたって使い続けていると少しづつ傷みも出てくるようになります。購入した当初は新緑であった畳表も、太陽光の影響によって茶色く色あせ、ところどころ擦り切れた部分も目立つようになってしまいます。そのような状態になったときが畳を交換する時期となります。

畳の交換方法には表替えと呼ばれる方法があります。畳表替えとは表面のイグサのみを交換するメンテナンス方法です。畳すべてを交換するわけではないので、リーズナブルにメンテナンスすることができるほか、多くの部分を再利用することができるので環境にも優しい方法です。畳表替えは、畳表を固定しているヘリを外せば簡単に交換することができます。そのため畳表替えは短期間でメンテナンスできる優れた方法でもあります。畳表替えを行えば表面の弾力性がよみがえるほか、吸湿性や防寒性もアップするなど再び新品同様の使い心地を楽しむことができるようになります。この畳表替えは専門店で行っています。畳表替えは交換する枚数にもよりますが、おおよそ2日から3日で可能です。和室の畳が擦り切れたり色あせが目立つようになってきたときは、専門店に依頼して畳表替えを行うようにしましょう。