耐久性を比較してウッドデッキ材をじっくり選ぼう

男性

見積もりで比較する

電気系統

大阪で電気工事を依頼する場合は、無料の見積もりを立ててもらうといいかもしれません。複数の業者から見積もりを立ててもらって、料金を比較しましょう。比較した結果、良心的だと思った業者と契約することをおすすめします。

この記事を読む

毎日使う大切な家電です

洗濯機

洗濯機が壊れて買い替えるとなると、数万円から十数万円の出費になるので、まずは修理が出来るかどうかを検討してみる事をおすすめします。メーカーや販売店の保証が残っている場合は無償で修理をしてもらえますが、切れている場合はメーカーと一般の修理業者を比べて安い方を利用しましょう。

この記事を読む

ウッドデッキを作る

ウッドデッキ

ウッドデッキとは木材で作った主に屋外に設置する床のことを指します。日本では一般的にウッドデッキといえば住宅の1階部において設置する木製の床を指しており、主に掃き出し窓に続けて設置したものを指します。ウッドデッキの部分は基本的には屋外に分類されますが、床が木材ということもあり足ざわりの良さがあるなどのメリットがあります。一方でウッドデッキを作るさいには、その耐久性に留意する必要があります。ウッドデッキは基本的には雨ざらしとなるため、そのままでは腐りやすく防腐処理を行う必要があります。また腐ってしまった場合には新しいウッドデッキ材に交換する必要があります。このため近年では腐敗しない樹木と木粉を使った合成木材なども使われています。

ウッドデッキ材の分類は、天然ウッドデッキ材があり、その下にはハードウッドとソフトウッドがあります。また人工素材のウッドデッキ材として合成木材や樹脂が使われるケースがあります。耐久性で比較すれば人工素材がもっとも長持ちしますが、あくまでも木材に似せて作ったものであり、ウッドデッキの良さである天然木の温かみがありませんし生産コストが高く価格帯が高めになります。また切断も天然木とは異なって容易にできないので施工面で比較しても自由度のあるものが造りにくいといったことがあります。一方で天然木では、ハードウッドとソフトウッドの2種類があります。単純に比較するとその硬さですが、柔らかいソフトウッドの方は耐久性に劣り1年から2年程度で腐り始めます。価格は安価ですがメンテナンスが重要になります。一般的にウッドデッキ材として使われるのはハードウッドで他の素材と比較して価格やメンテナンス性という面で見ればもっともバランスが取れています。

交換する時期を知る

畳

古くなった畳は表替えをすることでよみがえります。畳表替えを行った後は再び弾力性や防寒性がよみがえるなど、再び新品同様の使い心地を楽しむことができるようになります。この畳表替えは専門店で行っています。畳表替えは交換枚数にもよりますが2日から3日程度で可能です。

この記事を読む